【5分で感想】なぜAIジョブカレの機械学習講座を選んだのか?受講生が解説します

私は、普段はUnityを使ったIOS,Androidアプリの開発、PHPを使ったバックエンドの開発をしています。

Unityを使った開発もあと数日で終わり、機械学習のプロジェクトに入ることになりました。

しかし、機械学習については全くのど素人です。

そこで、プログラミングスクールに通うことになりました。

TECH::CAMP,Tech Boostなど、AIを学べるプログラミングスクールはたくさんあります。

その中で私は、AIジョブカレの機械学習講座を選びました。

この記事では、なぜAIジョブカレを選んだのか書いていきます。




AIジョブカレとは

AIジョブカレは、AIプログラミングに特化したスクールです。

機械学習からディープラーニングを学ぶことができます。

さらに、機械学習に必要な、Pythonプログラム、数学、統計学も学ぶこともできます。

なぜAIジョブカレなの?

決まった時間で学べる

AIジョブカレは、決まった日時にスクールに通って、予備校のように授業を受ける形式です(遠方に住んでいる人向けには、動画を使ったオンライン講座もあります)。

機械学習講座の場合は、8回で完結するため、8回スクールに通うことになります。

授業は、2週間の間隔であります。

パソコンがあれば、いつでも、どこでも、自分の都合に合わせて学べるオンラインのプログラミングスクールも魅力的であります。

しかし、私の場合は、自分の都合に合わせて自由に学ぼうとすると、絶対にサボることを知っています。

強制力を持たせるという意味で、決まった日時に授業を受ける方式の方が続けられると考えたわけです。

なお、授業が終わった次の日に、授業の内容を録画した動画がSlackを通して共有されるので、授業に参加できなかったとしても勉強ができるのです。

宿題を通して復習する習慣ができる

授業が終わったら「はい、終わり」という訳ではありません。

授業のあとに、必ず宿題を出されます。

宿題の内容は、アルゴリズムを調べるもの、ロジックを説明するものが中心ですが、意外に大変だったりします。

宿題は、強制ではないので、やらない人も多いようです。

しかし、宿題の内容は、授業の復習になるだけでなく、実業務で必要な部分にもなるので、ちゃんとやっておくと後で役立ちます。

人によっては、「宿題が面倒だな~」と思うかもですが、「何を勉強したら良いかわからない(私が初めて機械学習に興味持ったとき何から勉強して良いかわからず、調べるだけで数ヶ月かかった)」という回り道をしないで良いので、効率的に機械学習を学ぶ上で大事な部分を抑えることができるといえます。

業務に直結する知識を得られる

AIジョブカレに通うメリットとして大きかったことは、業務に直結する知識を得られることです。

ネットの記事、Youtube動画でも機械学習のロジックなど学ぶことは可能です。

しかし、ロジックの解説のみ、モデルの評価方法のみと、部分的な解説だけで、機械学習の一連の流れまで学ぶのは困難です。

実際は、以下のフローになります。

・データを用意する

・前処理

・モデルを作成する

・モデルを評価する

これら全体像を学べるのは大きいです。

他のプログラミングスクールと比べたときの特長

転職が決まると受講料が無料になる

講座を受ける前に、講座ごとに設定された料金を払います。

しかし、AIジョブカレは、転職エージェントでもあります。

AIジョブカレの紹介で転職に成功すると、受講料が無料になるという特長があります

料金が安い

講座の料金が他よりも安い。

他のプログラミングスクールだと入学金が10万円を超えることが多いですが、

AIジョブカレの場合は、入学金がないのです。

価格は、講座ごとの料金のため、入学金など余計な金額を考慮しなくてもよいのです。

■機械学習講座の料金

教室に通う形式・・・10万円

オンライン(動画講座)・・・8万円

授業を受けた感想は

機械学習の授業を受けた感想は

・教材は、イラストや表が多くて分かりやすい

・予習してなくても授業について行ける

・ただし、宿題を通して復習しないと授業について行けなくなる

・数学、pythonの基礎は、授業前に抑えておかないと、宿題の時に困る

 ※どのくらいの基礎を抑えておく必要があるのかは、別途ブログで書きます。

あったら良かったもの

講師とskypeで話して質問

授業での不明点など、質問は、Slackから可能です。

しかし、skypeのように講師がいつでもパソコンの前に座っているわけでないので、回答がすぐに来ません。

AIジョブカレの決まりでは、「質問が来てから2営業日以内に返信する」なので、返ってくるまでに24時間以上かかることが多いです。

自習できるスペースが欲しい

教室は、授業がある日のみしか開放されていない。

よって、授業がない日に自習室で学習を進めることができません。

まとめ

現在、エンジニア需要が増えてきたのか、プログラミングスクールも増えてきました。

・オンラインで自分の好きな時間で学べるスクール

・自分の好きな時間に教室に通ってメンターに質問するスクール

・マンツーマンで授業がある

・AIジョブカレの様に、決まった日にスクールに通って授業を受ける

など、様々な形式のプログラミングスクールがあります。

もし、スクールに通って技術の習得をしたいのであれば、自分の生活スタイルに合う、プログラミングスクールを選ぶことをオススメします。

AIジョブカレに興味を持った方は、こちらから!

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー