テックキャンプで学べる言語は何?エンジニア転職コースを例に解説します

受講を検討している学生

ねぇ、テックキャンプのエンジニア転職では具体的に学べるプログラミング言語は何?学んだらどんなことができるの?教えて!!

というわけで、このブログでは、テックキャンプで学べる言語、学ぶとどんなことができるか解説します。

現役のITエンジニアが解説!エンジニア転職で学ぶとどんなことができるの

できるようになることを網羅してみます。

  1. 自分でホームページ(Webページ)を作ることができて、世界に公開できる
  2. 自分でチャット、掲示板などの動的なWEBサイトを作ることができる
  3. WEBシステム開発の副業ができる
  4. Gitを使って複数人で開発ができるようになる

エンジニア転職で学ぶ大きなメリットは、転職だけで無く、自分で作品を作って世界に発信できる技術を得ることだと思います。

学べる言語の解説

HTML/CSSをつかったホームページの作成方法

HTML/CSSは、Webサイトの基礎中になるもので、それを学ばないと、なにも始まらないと言われています。

言い方を変えれば、HTML/CSSを学ぶだけでも、レンタルサーバーを借りることにより、インターネット上に自分のWEBサイト(ホームページ)を作ることも可能です。

HTMLは、『HyperText Markup Language』の略で、Webページに文字書いたり、文字に色をつける、リンクを記載する、写真を呼び出して表示するなどの機能があります。

いま、あなたが見ている、このサイトもHTML,CSSが使われています。

CSSは、『Cascading Style Sheets』(カスケーディングスタイルシート)の略で、レイアウトを整えるものです。

WEBページは、HTMLだけでも公開できますが、オシャレなページを作りたい、配置にこだわりたいのであればCSSは必須です。

当然のことですが、業務でも使われます。

Javascriptを使って動きを入れる

現在のWebページのほとんどにJavascriptが使われています。

Javascriptは、HTMLで作ったものに対して動きを入れる事ができます。

たとえば、以下のような動きを入れることができます。

  1. ボタンをクリックしたら、ボタンの大きくなる
  2. ボタンを押したら、同じページ内に、画像を新しく表示する
  3. 画像を回転させる
  4. ボタンを点滅させる

Javascriptがなれてくると、ゲームを作ることも可能です。

Javaエンジニア

よく、JavaとJavascriptは同じ仲間と勘違いしている人が居るけど、まったく別物なんだよ。どちらもプログラミング言語なんだけど、書き方、考え方が違うから間違っても面接とかで「JavascriptができるからJavaできます!」と言ってはダメだよ

Ruby on Railsを用いたWebサイト開発

Ruby on Railsが使えるとこんなものが作れます

  1. 2chのような掲示板サイトが作れる
  2. チャットアプリなどの機能が作れる
  3. 大規模なシステムになると、yahooのようなポータルサイトをつくれる

いよいよRuby on Railsの出番です。

自分のページを見てくれている人の声を、自分のページに反映させるなど、動的なページを作れるようになります。開発の実装段階でHTTP,CSSなどに比べてよく使われます。

一般的には、Ruby on Railsで処理を書いて、この後紹介するデータベースにデータを保存する流れになります。

SQL・データベースをつかった開発方法

データベースとは、おおざっぱに言うとデータをためるものです。

データベースの機能としては、データの検索、追加、更新処理などたくさんあるのですが、データをためておく場所と考えて良いと思います。

どんなWebシステムでも必ず使われるため、開発する上では、避けては通れない道です。

初めてSQLを触ってみると、戸惑うかもしれませんが、たくさんSQLを書いて慣れていきましょう。

AWSでサーバー構築

これまで、プログラミング言語について解説してきましたが、プログラムを動かす場所(サーバー)が必要になります。

動かす場所の一つが、AWSです。

AWAとは『Amazon Web Services』(アマゾン ウェブ サービス)の略です。

インターネット上にWebコンテンツを公開するには、自分でサーバーを用意する必要があるのですが、AWSを利用することにより、自分オリジナルのサーバーを立てることができます。

AWSの知識は、実務でも使われることがほとんどなので、転職して業務に入る前にぜひ修得したい技術といえます。

GitHubを使ったソースコードの管理方法

複数人で開発するときに使われます。

Gitが使えるようになると、1つのファイルを複数人が編集することになっても「競合」を検出してくれて、

さらに、変更履歴を追うことが出来るので、タイムスリップしたかのように1年前に作った状態に戻すことも可能です。

もしGitがない状態で開発を複数人で進めてしまうと、声を掛け合わないと、他の誰かに自分が作ったところを消されたりする大事故が発生します。

また、みんなで作ったところを1つにまとめるときに「消したり、付け加えたり」が大量に発生して大変苦労します。

あれ?あの言語は学ぶことはできないの?

PHP

テックキャンプでは、PHPを学ぶことができません。

どうしてもPHPじゃないと嫌だ!メンターに伴奏してほしいというひとは、

テックアカデミーの「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

Python

プログラミング教養のAI関連の講座で学ぶことができます。

エンジニア転職コースで学ぶことができないので、注意が必要です。

C/C++

C/C++も、テックキャンプでは学ぶことできません。

C/C++といえば、一昔なら「プログラミングやるならまずはC言語で基本(特にポインターなどのメモリ管理)を学ぼう」と言われていた時代です。しかし、いまは、PHP,Pythonなどメモリ管理を自動的にやってくれる言語がたくさんでてきたため、必ずしもC言語ができなくてもプログラマになることは可能です。

Web開発の現場でもC言語が使われるケースは、同時接続が必要なゲーム、リクエスト数が極端に多い広告システムくらいなため、C言語ができなくてもエンジニアとしては成立します。よって、テックキャンプでは学ぶことが無いです。

筆者は、今年で15年目くらいのエンジニアです。

C/C++を使う機会があったのは、組み込みの仕事くらいです。

webシステムでは、これまで7年くらい携わってきましたが一度もC/C++を使う機会はなかったです。

Unityは?

Unityは、かつてテックキャンプで扱っていた講座ですが、2020/06/11時点では廃止されたようです。

Unityといえば、ゲーム開発エンジンです。

スマホのゲームのほとんどは、Unityもしくはアンリアルエンジンが使われます。

まとめ

以上、テックキャンプのエンジニア転職で学べる言語、学ぶとどんなことができるか解説しました。

「おれ、人生を変えたい!」と思ったら、最も確実な情報を得られる無料カウンセリングへ行ってみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする