SESのテスト案件でエンジニア開発スキルを身に付けた裏技を公開します

エンジニアになりたいメイド

私、プログラミングスキルをつけてエンジニアになりたいんだ。
モチベーションの維持が最も大事だからプログラミングスクールに通ってスキルを身に付けたいんだ。

 

だけど最近は、テックキャンプやテックアカデミーなどのプログラミングスクールを卒業できても、コロナの影響でSES会社のテスト案件が多いと聞いているけど本当かな?

 

テストもアプリ開発では重要であることはわかっているんだけど、ずっとそればっかりやってられないよ。

エンジニアメイド

そうだよね。
せっかくプログラミングスキルを身に付けても、テスト案件じゃ意味が無いとおもうのが普通だよね。

 

そんなことを言うと思って、筆者がSESのテスト案件で開発スキルを裏で身に付けて、開発に進む方法を体験談を踏まえて教えてくれますよ。

前提

SES会社6年間、自社開発会社6年間経験した現役エンジニアである筆者が、

独学、Udemy、テックキャンプ、テックアカデミーなどのプログラミングスクールに通った(もしくは通うとしている)ってエンジニアになりたい人向けにかきます。

開発に行けることが保証されているのであれば、この記事を読む必要ありませんが、せっかく勉強したのに、自社開発がなく仕方なくSES会社のテスト業務に配属されたことを想定して書きます。

テスト案件でも開発に必要なスキルをつける方法の一覧

仕事がシステムのテストのみであっても、開発に必要なスキルをつける方法を述べます。もちろん、1日中開発するケースに比べると、極端に少ない時間ですが、全く何もしないよりはましです。

  1. テストの待ち時間などで実務ではどのように実装しているのかソースコードを読んで学習をする
  2. 設計書を読んで、実務でどのように作成されるのか勉強する
  3. 比較的簡単なバグについては、お客さん、もしくはリーダーに交渉して修正をする
  4. スクールなどで学んだプログラミング知識を生かして原因究明までやる
  5. 実際に作られている設計書、ソースコードを参考に、ポートフォリオをブラッシュアップする。

上記の詳細については、このあとの体験談のところで詳しく書いていきます。

医療機器システムの検証業務の体験談

医療機器システムの検証業務の概要はこんな感じ。

  • 期間

    • テストだけで3年間
  • 業務内容

    • 医療機器システムの検証業務
    • 自分で機械を動かしてひらすらテストする。
    • テストケースを自分たちで作成し、エクセルでテスト結果を報告する。
    • もしバグを見つけたら、報告書に再現手順、問題が発生したときの画面などをキャプチャーして報告します
  • 単価

    • 単価は一ヶ月60万とのこと(給料は25万程度)
  • 人間関係

    • 人間関係は、少なくともメンバーとはそれほど悪くなかったと思います。
    • よくみんなで飲みに行ったりしていました。
    • お客さんの社員と一緒に仕事するが、担当者の1人が厳しく、自分を含めたメンバーはいつも怒られたいた
    • ある40代の男性の派遣社員は、その担当者に怒られた次の日から来なくなった。
  • 残業時間

    • ほぼ定時で仕事が終わりました。
    • 忙しい時期でも残業は2時間ほど。
    • 休日出勤は、ほぼなし。
    • 一番遅い時間(3年間で3回ほど)でも夜10時前には帰ることができていた

開発のスキルをつけるためにやったこと

テスト業務は、ひたすらテストのみをやる環境でしたが、プログラミングスキルが役立つ場面がありました。

以下に、プログラミングスキルを身に付けるのに役だった事例を公開します。

自分のスキルで直せる範囲でバグ修正

テストで見つかったバグの中には、修正が難しいもの、簡単なものと様々です。

簡単な例としては、表示される値が違っている(なかにはシステムの根幹部分の不具合のケースがあり、その場合は難易度が一気に上がります)、印刷結果と画面で表示されるものが違うケースです。

このような場合は、比較的簡単に修正できるため担当者の許可を取って(配属先のリーダーがお客さんに「このバグなら直せるので対応させてください!」と提案したそうです)不具合修正の対応もしていました。

ただし、この仕事はテスト業務から外れるため、定時まではテスト業務をこなし、残業時間帯で対応していました。

以上のように、テスト業務から、何かしらのきっかけで開発業務を行うことが可能と言えます。

業務の中で不便なところはスクリプト(マクロ)を使う

テスト後の報告は、エクセルです。

エクセルには、報告用に作成した画像のリンクを貼り付ける必要があり、それを毎回、作成するのが面倒でした。

そこで、エクセルの中にあるマクロ(VBAというプログラミング言語)を使って、画像のリンクを張る作業を自動化させました。

それを作った結果、メンバーから「面倒な作業が楽になった」と喜ばれた。

ほかにもプログラミングスキルがあれば、ドキュメント作成に役立てることができます。

テスト結果が出るまではソースコードを読む(注意あり)

私が担当するテストは、結果が出るまでに数十分間かかるため、暇ができてしまいます。

テスト業務をする際、装置に付属するコンピュータがありました。

その中に、テスト対象のソースコードが入っていたのです。

「俺は、エンジニアだ。このシステムどのように作られているのか気になってしまう!」ということで、ソースコードを読み始めました。

ソフトウェアがどのように作られているか大変参考になりました。

しかし,その様子を見ていた、お客さんから、相当怒られるハメになりました。

その後、その現場ではソースコードを読むことはできなくなりましたが、案件によってはソースコードを読める場合もあるので、許可を取った上で、開発案件に入ったときのためにコードを読んで書き方を身に付けるのは有効です。

Javaで作られた行政機関のWEBシステムのテスト業務の体験談

概要はこんな感じです。

  • 業務内容

    • テスト業務で3ヶ月
  • 業務内容

    • 行政機関のWEBシステムの検証業務
    • テスト結果はエクセルに記載して提出する。
    • さらに、出力された画面は全てエクセルに貼り付ける必要があり、大変面倒なものでした。
  • 単価

    • 単価は、開示されていないため不明。
  • 人間関係(劣悪な環境だった)

    • プロジェクトは、計画に遅れが出ていたすでに炎上していた。
    • 所属会社から数人で入ることになった。
    • 理解できるように教えてくれない(というよりは、丁寧に教えている余裕が無い)
    • 仕事を教えて貰うとき「なぜ、これが必要なのですか?」と聞いたら「そんなことはどうでもいいから、とりあえずやれ」だった。「意図が全くわからなかったので、作業の目的がわからず、なんとなくで進めていた。」
    • 電話が鳴っているのを放置していたらいきなり怒鳴られる。電話にでる必要があることを知らなかった。
    • 現場の立ちまわり方(ADHDの特性がある人には向かない環境であることが後にわかった)がよくわからず、お客さんから「こいつ大丈夫か?」と言われる始末で精神が病んだ。
  • 業務時間

    • 炎上していたため、朝10時~夜11時(終電)まで仕事。
    • さらに、土日も出勤するハメになった。

開発スキルをつけるためにやったこと

Linuxを操作して原因調査

テスト業務は、OSはLinuxを使っていました。

テストのときに不具合が発生したら、データが正しいかLinuxコマンドをうちながら原因調査をしていました(本来は不具合を見付けたら、担当者に報告するだけでよかったらしい)。場合によっては、プログラムコードを読んでバグの場所を特定していました。

その甲斐もあり、後の業務でどのように実装するのか参考になりました。

転職の面接を受けるときも「ソースコードをみてバグ特定」していましたということができました。

設計書を読みこんでお勉強する

テスト業務以外に、ドキュメントチェックの仕事がありました。

チェック内容は、誤字脱字が無いか、表現が適切かどうかです。

実際の設計書を読むことができたので、「自分だったらこうやって書くな」と考えていたものです。

その結果、数ヶ月後、設計書を書く段階に来たときに役立ちました。

もし半年以上テスト業務で全く開発スキルがつかない環境だったら

テストばっかりで嫌だ!

開発の転職を考えているのであれば、テスト業務で学んだ内容(設計書の書き方、コードの書き方)をポートフォリオ(githubに反映させること前提)に反映させて質アップさせていきます。

まずは派遣元の営業に「開発案件」をやりたい旨を伝える。そのとき、「開発のこんなことができます」とアピールできることが重要です。

それでも、「開発案件」に行くことができないのであれば、転職も考えます。

エンジニアになる準備として

この記事を読んでいる人は、これからエンジニアを目指していて、SESのテスト案件をやる羽目になったらどうしよう?と考えていると想定しています。

そもそも、テスト案件うんぬんのまえに、プログラミングを最低限勉強しなれば、SESですら面接に通らないのが現状です。

そこで、オススメの勉強方法を書いていきます。

転職保証があるプログラミングスクールに行く(転職できなかったら返金がある)

プログラミングスクールの中には、学習後、転職先の会社を紹介してくれるところがあります。プログラミングスクール卒業生向けの紹介になるため、業務未経験でもWEBエンジニアになるチャンスがあります。

今回は、WEB系のプログラミングスキルをつけることができて、かつ、転職案件も紹介してくれる2つのプログラミングスクールを紹介します。

テックキャンプ

テックキャンプエンジニア転職

特徴 Webアプリケーション開発 14日間返金保証 転職保証 転職率99.0% 教室を利用し放題 ホリエモンが大絶賛 30代以上30% いつでも講師に質問し放題
学べる言語 HTML CSS Ruby Ruby on Rails SQL AWS GitHub
学べる場所

■オンライン

■テックキャンプ 渋谷フォンティスビル校 渋谷駅から徒歩4分

■テックキャンプ 渋谷フレーム神南坂校 渋谷駅から徒歩4分

■テックキャンプ 渋谷アジアビル校 渋谷駅から徒歩4分

■テックキャンプ 東京丸の内校 有楽町駅から徒歩3分 東京駅から徒歩2分

■テックキャンプ 名古屋栄校 栄駅から徒歩7分

■テックキャンプ なんばスカイオ校 なんば駅直結

■テックキャンプ 近鉄難波ビル校 大阪難波駅から徒歩2分 なんば駅から徒歩2分

■テックキャンプ 中洲校 中洲川端駅から徒歩1分 天神駅から徒歩4分

価格

(1)たった10週間でプロのスキルを身につける

一括払い 648,000円(税抜)

(2)夜間・休日でプロのスキルを学ぶ

一括払い 848,000円(税抜)

学習期間

(1)たった10週間でプロのスキルを身につける(仕事をやめている人向け)

(2)半年間・夜間・休日でプロのスキルを学ぶ(仕事しながら学ぶ人向け)

youtuberのマコなり社長が運営していることでも評判ですね。

特徴


  1. オンラインでも学べるプログラミングスクール
  2. さらに教室を使って質問もできる
  3. 学習開始後、「これちがうな❗️」と思ったら14日以内であれば、全額返金の制度あり。
  4. 全ての学習が終わっているのに転職できなかったときは、全額返金の制度がある。
  5. 受講生と思われるテックキャンプに関するツイート数が、毎週300以上と活発
  6. テックキャンプ卒業生の中には、転職はもちろんのこと、フリーランスになった人もいる

テックキャンプは、Youtuberのマコなり社長が経営しているプログラミングスクールとして評判です。

ホリエモンも大絶賛していることから、実力があるスクールと言えます。

エンジニア転職コースの学習時間は600時間❗️1日12時間の勉強時間でハードモードであるが、やりきると自信につながります。

ネットの情報では、卒業しても自社開発会社に行くのが難しく、SES会社に滑り込みで行くケースが多いようです。

しかし、以下の動画のようにコロナであっても未経験から自社開発会社に就職できたケースもあるので諦める必要はありません!

テックアカデミー プロ

TechAcademy Pro

特徴 Webアプリケーション開発 転職保証 現役のエンジニアがメンター オンライン完結 受講終了後カリキュラム閲覧OK キャリアサポート 毎週のツイート数200以上
学べる言語 Java(Webアプリケーション開発範囲)
学べる場所 オンライン
価格 12週間プラン 298,000
学習期間 12週間プラン 確保してほしい学習時間300時間

特徴


  1. オンラインに特化したプログラミングスクール
  2. 全国どこに居てもTechAcademyを利用できる。
  3. 受講期間中メンターによる毎日15時〜23時のチャットサポートを受けられる
  4. メンターは、現役のエンジニアなので実務経験者からアドバイスを頂ける
  5. 全ての学習が終わっているのに転職できなかったときは、全額返金の制度がある。
  6. 受講生と思われるTechAcademyに関するツイート数が、毎週200以上と活発

TechAcademy Proは、転職に特化したコースです。

キャリアサポートがつくことにより、転職しやすい環境を作ります。

学習は、現役エンジニアがサポートします。

注意点

TechAcademy Pro(転職保証)は、20歳〜32歳までの方が対象になっている。

Udemy

Udemyは、世界最大級の動画によるオンライン学習環境です。

Python,PHPなど幅広いプログラミングスキルを初め6万5千以上の種類の講座を、PC,iPhone,Androidなどのデバイスでいつでも自分のペースで学ぶことができます。

不評6%未満のUdemyをなぜ使い続けるのか?結論は、メリットのほうが圧倒的にあるからです。このブログでは、Udemyを実際に使ってみた感想を述べます!

まとめ

いかがですか?

一件、テスト業務は開発(プログラミング、設計)と無関係な仕事に思えても意外に,

考え方によってはいろいろあるものです。

上から言われたことを、テスト、開発に限らず淡々とやるだけでは、本当にテストだけでおわってしまい、気付いたときにはスキルがつかないままで終わってしまいます。

もし、「うわーテスト案件だ~オワタ」と終わるのでは無く、そこから工夫することで、スキルがついてくると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする