【初心者向け】農家がホームページ作成(WEBページサイト制作)する手段を解説します

自分が作った野菜や果物を全国に広めて売り上げアップをさせたい。

そんなときは、ホームページの開設が効果的です。

この記事では、ホームページの開設するための手段としてどのような方法があるのか解説します。

この記事でわかること


  1. 農家の人がホームページの作る方法を知ることができる
  2. ホームページを作るときは、外注が良いのか、自分で作った方が良いのかわかる
  3. 自分で作る場合、どのように作り方をしたら良いかわかる。

初心者からあらゆるサイトの開設・構築方法を理解できる!!

⇒テックアカデミーwordpress講座!本当にできるか確かめてみよう!無料体験はこちらから

記事の概要

農家のメイド

人生をかけて作った野菜・果物を、もっといろんな人に食べて貰いたい。
そして売上も上げて行きたいんだけど、どうすれば良いの?

ITに詳しい農家のメイド

それなら、ホームページを作って自分たちが取り組んでいることを紹介してみてはどうかな?
作っている人がわかれば、信頼を獲得してさらに売れるようになるかも。
農家でホームページなどITを駆使している人は、まだまだ少ないからやるなら今のうちだね。

 

しかし、ホームページどころかパソコンすら、メールやネットを見るくらいなんだけど、ホームページ作れるものかな?

 

作れますよ。作る方法は、大きく分けて2種類あるね。
1つは、外注化して誰かにホームページを作って貰う。
もう一つは、自分でホームページを作ってしまうことだね。
どっちも一長一短だから、このあとどっちがよいか解説しますね。

外注してホームページを作って貰う

農家と言えば、収穫などで忙しいです。

農作業のあとに自分でホームページを作るのは、意外に大変だと思います。

そんなときは、誰かに作ってもらう方法を検討します。

WEB会社に依頼する

WEB会社にホームページ(WEBサイト)の制作を依頼します。

専門の人が作るので、いかしたデザイン、動きがあるサイトができあがることが期待できます。

メリット


  1. 勉強のための時間(コスト)がかからない
  2. 一度依頼してしまえば、勝手にサイトができあがる。
  3. 会社なのでちゃんと仕事をしてくれる(個人のフリーランスだとやってくれないことが多々ある)

デメリット


  1. 料金が、数10万円単位で基本的に高い
  2. ホームページの更新も依頼するとなると、更にお金がかかる

たとえば、以下の「たかしま農園」さんのような活かしたサイトを作ってくれる期待が持てます。

たかしま農園

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、ネットを介して個人に仕事を依頼するものです。

会社に対して仕事をするわけでないため、安い費用でWEBサイトの作成を依頼できます。

メリット


  1. WEB制作会社に依頼するより料金がはるかに安い(相場は1ページあたり1万円くらい)
  2. 依頼できればあとは、その人が作ってくれるのを待つのみ
  3. 払い逃げを防げる(個人のフリーランスだとお金を払っても、作る前に逃げ出すことがある)

デメリット


  1. 基本的にメールでのやりとりになるので、文章でのやりとりが嫌いな人に取っては面倒に感じる
  2. ホームページの更新も依頼すると更にお金がかかる
  3. 会社ではなく個人に業務を依頼するため、人によってはダサいページを作ってしまうことがある。
  4. ワーカー(クラウド)には社会人経験がないために、礼儀作法を学んでこなかったために無愛想な人もいる

⇒安い料金からWEBサイトの発注ができるクラウドワークス

自分で学んでホームページを自作する

外注すれば、自分で作る必要が無いため、学ぶ必要がありません。

しかし、人に依頼する以上こんなことが発生します。

  1. 思い描いていたホームページと違う!
  2. 相場より値段が高い!

ことも多々あります。

また、更新を依頼するとその分のお金がかかってしまいます。

人に左右されたくない、自分でホームページを作って、更新も人に任せたくない。

そんなときは、学ぶための時間、根気が必要になりますが、自分でホームページを作ります。

一度作ってしまえば、少ない時間で更新もできます。

また、不作などで収入が減ってしまっても、副業としてWEBサイト制作の仕事もできるようになるので、サイトの作り方(ホームページの作り方)を知っておいて損は無いです。

独学で学ぶ

Udemy

Udemyは、動画で学ぶことに特化したオンライン学習サイトです。

動画見ただけで学習するのであればYoutubeでも良いですが、わからないところが出てきたら講師に質問できるのがUdemyの特徴といえます。

Udemyには、Webサイト制作の一連の流れを理解できる講座(具体的な講座は後述)もあり、2000円以内(バーゲンセール利用時)で学ぶことも可能です

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでも動画を見ることができるので、外出先でも学ぶことができます。

Udemyの講座の定価、どれも1万円以上と高額のものが多いですが、私はまず定価で買うことはありません。一週間に数日の割合で、講座の価格が5割~9割引になることが多いからです。今回は、講座の価格の割引タイミングについて調べてみました。

WEBサイトを作るのにオススメなサイトは以下の通りです。

Web知識、Photoshop、Webグラフィックデザイン、HTML、CSS、実践的なコーディングなど、Webデザイナーとして働いたり、自分1人でサイトを作り上げるのに必要な全てが含まれています。

⇒Udemy未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

本を買って学ぶ

一番のメリットは自分のペースで勉強できることです。

本はどこにでも持ち歩けるので、どこにいても勉強ができます。

また、動画で学ぶことに比べると目の負担が少ないのが特徴です。

技術書は、一冊あたり3000円位するケースが多く、安いとは言えないですが、そこは投資だと思い割り切ります。

プログラミングスクール

プログラミングスクールといえば、プログラミングの方法を学ぶイメージがありますが、ホームページ(ここではWEBサイト制作とする)の作り方も教えてくれるところがあります。

その一つが、テックアカデミーのWordPress講座です。

WordPressは、WEBサイトを作るのに最適なツールで、使い方を覚えてしまえば、WEBサイトの管理や更新が非常に楽になります。

たとえば、WordPressならば野菜の画像を交換したときなど、1分以内で対応可能です。

農家で売り上げという目的があるから、人に話を聞きながらサポート受けながらサイトを作れる。その結果、自分よがりのWEBサイトではなく、第三者の視点でアドバイスを受けながら作れるので、より良いWEBサイトの構築が期待できます。

⇒テックアカデミーwordpress講座!本当にできるか確かめてみよう!無料体験はこちらから

なぜWordPress?

・ホームページの管理が楽

・HTMLやCSSを知らなくても「テーマ」と呼ばれているひな形を用意すれば付け足すだけ

・ただし、サーバーを借りるなど、ある程度のIT知識が必要になる。

まとめ

ホームページ作成の手段として、人に任せる(外注)方法、自分で作る方法を紹介しました。

どちらも一長一短がありますが、ITを利用して作ったものを売るのは、これからも必要になってくると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする