就職活動でライバルに勝つための自己分析はマインドマップを使え!

自己分析をしようとしても何も浮かばない人へ

就職活動を開始するとき、まずやれ!と言われるのが「自己分析」。

いきなり、「自己分析しろ」と言われても、自分自身の長所、短所を見つけるのは容易ではありません。

いざ、自分自身を分析してみると、

賞を取ったわけでもなく

なにかに打ち込んできたわけでもない。

趣味は、TVゲーム、ネットサーフィー、昼寝すること。

こんな人間でもエントリシートや履歴書をかけるのか?

と不安になってしまうものです。

自分の周りに、学生時代ずっと部活に励んでいたり、

なにかに打ち込んでいた人がいると余計に劣等感を抱くものです。

そんなあなたでも、“ある方法”を使って自分を見つめ直すことによって、長所、短所などを見つけることができます。

ある方法とは、マインドマップです。

そもそも、なぜ自己分析が必要か?

自己分析とは自分自身を知ることです。

自分自身を知ることで、自分に合う仕事をみつけ、企業の面接の担当者に「俺は、こんな人間で、こんなことをやりたいから応募したのです!」とアピールするためです。

アピールができないと、たとえあなたに、PCなどの能力や、体力があっても企業は雇ってくれません。

そこで、自己分析に基づいたアピールをする必要が出てくるのです。

アピールができると、多少能力が無くても内定を取りやすくなります。

自己分析にマインドマップがおすすめな理由

自己分析するためには、思考を整理する必要があります。

マインドマップは、思考を整理するのに究極のツールと言えます!

思考を整理できれば、ライバルに勝つ自己分析ができたのも同然です!

マインドマップのメリット

以下が、マインドマップのメリットです。




キーワードからさらに思考が広がる

マインドマップは、キーワードから単語と単語のつながりが視覚化され、

そこからよいアイディアが生まれたり、発見できたりします。

たとえば、キーワードが「趣味」の場合、

TVゲーム、ネットサーフィー、昼寝と広げていき、TVゲームから(ゲームに)熱中というキーワードが出てきます。「熱中」というキーワードから、「一つのことに集中できる」という長所を発見できたりします。

全体を放射状でみることができる

マインドマップは、放射状に広がっていきます。だから、関連することがわかりやすくなります。

頭の中がゴミ屋敷状態でも思考を整理しやすくなる

疲れているとき、何から手をつけて良いかわからなくなります。このとき、頭の中はゴミ屋敷のように、処理ができない状態になっています。

そんなときもマインドマップを使い、頭の中に思い描いているものを書き出していきます。思い描いているものをすべて出し切ったら、似たようなものをまとめていきます。まとめていく課程で思考が整理されていきます。

マインドマップのデメリット

手書きだとA4以上の大きな紙が必要

B5サイズ以下の紙に、手書きで本格的にマインドマップを書こうとすると、スペースが足りなくなります。書くスペースを確保するために、キーワードを小さく書いたり、全体を凝縮させることを意識しだして、余計なことを考えてしまいます。その結果、アイディアが出てこないなんてことがあります。

よって、少なくともA4以上の紙をおすすめします。

ちょっとしたメモでもマインドマップで書こうとする(笑)

マインドマップになれてくると、ちょっとしたメモ書きでもマインドマップで書こうとします(笑)。

テキスト文章しかかけない環境だと、違和感を感じるでしょう。

違和感を感じられたら、マインドマップに慣れたと言うことでもあります!

意外にマインドマップを知らない人が多い

マインドマップで書いたものを人に見せたとき「?」という反応されることがある。

マップを人に見せるときは、補足説明などが必要になりそうです。

マインドマップツールはXMindがおすすめ

マインドマップツールはXMindがおすすめです。

なぜならば、無料でダウンロードできて、pngやjpeg画像に出力できるからです。

XMindは、以下のサイトからダウンロードが可能です。

http://jp.xmind.net/

実際に書いてみる

まず、真ん中に自分の名前を書きます。

画像の例では、「マインド太郎」という名前にしています。

次に、関心が高いキーワードに対して枝を書いていきます。

画像の例では、趣味、大学生です。

さらに、先程あげたキーワードから更に枝を書いていき、広げていきます。

ある程度、書いていくと、自己分析に必要な強み、長所、短所がわかってきます。

思い当たるものは、たくさん書いていきましょう!

さらに、思いがけない発見ができます。

まとめ

いかがでしょうか?

自己分析をどうやったら良いかわからなかったら、マインドマップを使って思考を整理することをおすすめします。きっと、よいアイディアや発見ができると思います。

発見を大きな武器にして内定を勝ち取ってください!

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー