プロフィール

こんにちは!

hikage’s 雑記blog」を運営していますヒカゲです。

このページでは、

・簡単な経歴

・強み

・苦手なこと

・エンジニアスキル

・これまでの人生

など語りたいと思います!

簡単な経歴

・1978年5月生まれ

・マイペースでストレスに強いと言われているB型

・一人っ子

・東京都西多摩郡瑞穂町生まれ

・30歳まで実家暮らし

・小、中、高と友達はできたが、ずっとは続かず全くの連絡なし

・大学時代は、学内では一人も友達ができなかった。

・大学時代に始めたチャットがきっかけで、10年以上続く友達ができるようになった

・オフ会の幹事をやるようになったのも大学時代から(現在はオフ会から遠ざかっている)

・24歳に大学を卒業して正社員としてシステム会社で業務システムのSE・PGとして働く

・技術以外の仕様理解に苦労する。

・PG業務に集中する仕事が得意だった

・30歳のときにゲーム開発の仕事をしたいと思うようになり転職することにした

・しかし、チーム戦のように複数の人とやり取りをしながら進める仕事は、極めて不得意。

・悩んだ末、診察に行ったら2018年7月、ADHSとASDの合併症であることを告げられる

・現在は、強みを活かした生き方にシフト中。

強み

・プログラミングなら長い時間できる

・好きなことなら没頭できる

・興味をもったら速攻で行動する

好きなこと

・写真撮影

・プールで水中ウォーキング

・ブログを書くこと

苦手なこと

・計画を立てること(まさにADHDの特性である)

・先のことを考えて行動すること

自分一人の行動ならば、考えることができるが、複数人が関わってくると先のことが考えられなくなる。特に、数人の予定を調整する仕事が困難である。

・興味を持つまでが時間かかる

エンジニアスキル

・MySQL

・PHP

・Java

・C言語

・C++

・C#

・Unity

・HTML

・JavaScript

・Go(独学)

・Python(独学)

・Git

直近では、Unityを使ってゲーム開発をしています。開発メンバーが少ないため、私もサーバーサイドのプログラミングを行います。

これまでの人生

1978年5月、東京都西多摩郡瑞穂町に生まれました。

父、母の3人家族です。現在も父、母は健在です。

兄弟がいなかったため、やりたいことは我慢せずにやってきたと思います。

インドアだった小、中、高校時代

TVゲームが大好きで、学校から帰ってくるとすぐにゲームを始めました。一度始めると、2,3時間と永遠とやり続けるのでした。

特に好きだったゲームは

・ドラゴンクエストシリーズ

・ファイナルファンタジーシリーズ

・グーニーズ(アクションゲーム)

・コントラシリーズ

宿題は、意外にも期限通りに終わらせることができていました。

小学校時代、男子はサッカー部に入部するという文化がありました。

サッカーは、土曜日の放課後にあり、学校が終わったら、家で遊びたいと思っていた私にとってはとてつもなく苦痛でした。

サッカーは強制的にやるものだったので、練習もまじめにやっていなかったと思います。コーチやチームのメンバーから怒られてばかりでした。

その結果、サッカー、野球、バスケなどチームワークが必要な競技が嫌いになったのです。

好きなスポーツは、卓球、テニスなど1対1で行うものです。ダブルスは好きではないですが・・・(笑)。

今でも仕事においてのチームプレイが嫌いなのですが、おそらく、小学校時代のサッカー部の出来事が原因かもしれません。

高校受験のとき、親からファミコンを封印するように言われた。たしかに、ファミコンやっていたら勉強できないので封印することにした。

しかし・・・

本屋で立ち読みしていたら漫画本にはまるようになりました。

当時はまっていた漫画は

・らんま1/2

・今日から俺は!!

です。

高校時代は、テニス部に入るが、練習について行けず一週間で退部。その後、部活をやる気になれず帰宅部に。

帰宅したらゲームばかりやっていました。

高校時代、恋愛趣味レーションの「初代ときめきメモリアル」がPSに移植された。

私は、見事にはまってしまい、すべての女の子をクリアするまでゲームにはまっていました。二次元の世界は、幸せだな~。そんなことを思いながら、ゲームに熱中していたことでしょう。

実際の高校時代は、女の子と話すことがなく、灰色の高校時代と言える。

大学受験に失敗(ほとんど勉強しなかった)して、2浪する羽目になった。

プログラミングを始めた大学時代

2年間の浪人の末、やっと大学受験に合格することができた。

パソコンが好きだったので情報学部に入学した。

しかし、プログラミングが嫌いで課題は誰かが解いたものを移して提出していた。

C言語の「関数」「ポインター」の意味を全く理解できなかったので苦痛であった。

プログラミングを本気でやり出したのは、卒業研究の時だった。

プログラミングでグラフを書けることに感動してのめり込むようになった。

今は、プログラミングが好きで、仕事以外でもソースコードを書くことが多い。

オフ会にはまりだした大学時代

大学には、友達と言えるような仲が良い友達がいなかった。だから、大学にいっても楽しいとは思えなかった。授業の合間は、常にインターネットで遊んでいた。

その頃、チャットにはまり出す。授業以外の時間は、常にチャットルームにいた。

ある日、実際に会おうという話になり、オフ会を開くことになる。

オフ会がきっかけで、学外の友達が沢山でき楽しく過ごすことができるようになった。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする