Xcode9で申請!Mac OS High SierradeUnity5.3.4からUnity2017にしたら起動できないなどの問題が多発した!

これまでUnity5.3.4f、Xcode8を使って開発を進めてきたのだが、

AppleがXcode9以上でビルドしないと申請を通さないと言い出した。

Appleの命令には、IOSの開発する上では従うしかない。その結果、開発環境を変える必要が出てきました。

Xcode9にアップグレードするのは、意外に時間ががかかり(いろいろ調査していたため、多分24時間ほど)大変でした。

その中でも特に、面倒だったのが、UnityのバージョンをUnity5.3.4fからUnity2017にする必要が出てきたこと

このブログでは、Unity5.3.4fからUnity2017にアップグレードしたときに躓いたポイントを記載していきます。

これまでの開発環境

・Mac

・Unity5.3.4f

・Xcode8

変更後の開発環境

・Mac OS High Sierra 10.13.3

・Unity2017.3.1f(Unity2017と略す)

・Xcode9

なぜUnityのバージョンをUnity2017にしなければならないのか?

Xcode9を起動するために、OSを最新OS(Mac OS High Sierra 10.13.3)にする必要がありました。

最新OSにすると今度は、Unity5.3.4fで起動しなくなるという(強制終了)する問題が発生しました。

その結果、開発環境をUnity2017.3.1fにしなければ行けなくなったのです。

Unity2017にしたときに出てきた問題

Unity2017にしたときにおきた問題を記載します。

コンパイルエラー問題

Unity5.4以降では、WebPlayerが使うことができません

Unity5.4以降では、WebPlayerはサポートされないことから、以下のコードが使えなくなります。よって、以下の記述はコメント化するか消す必要が出てきます。

・RuntimePlatform.OSXWebPlayer

・RuntimePlatform.WindowsWebPlayer

関数の置き換え

キャッシュをクリアする関数の修正をします。

Caching.CleanCache()→Caching.ClearCache();

その他にも修正するコードはありますが、Unityをアップグレードするときに、ユーザが許可(アップグレード時に関数を最新に置き換えるか聞かれるので、置き換える旨のボタンを押す)すればUnity側で自動的に関数を置き換えてくれます。

MonoDedevlopが起動しなくなる

Mac OS High Sierraでは、MonoDevelopが起動しなくなる不具合が発生しました。

Unityの公式情報にも記載されていました。

公式情報には、

MonoDevelopが起動しない場合の対処方法

上記のパッチバージョンを用いても MonoDevelop が起動しない場合、以下の手順をお試しください

現象

マルチモニター環境で、2つ目の画面 (プライマリ以外の画面) に MonoDevelop のウィンドウがある状態で MonoDevelop を閉じると、次回以降 MonoDevelop が起動しなくなる。

対処方法

MonoDevelop の設定ファイル

~/Library/Preferences/MonoDevelop-Unity-5.0/MonoDevelopProperties.xml

を削除することで、起動するようになります。ただし MonoDevelop の設定がすべて失われる点に注意してください。

と書いてあり、実際に「MonoDevelopProperties.xml」の削除をやってみたけど、MonoDevelopは起動しませんでした。

その結果、エディタをVSCodeに変更することになりました。

しかしVSCodeは、動作が軽いため、MonoDevelopよりも2倍快適に開発できるようになりました!

次の章では、VSCodeのインストール方法から、Unityでデバッグができるようにするところまで書いていきます。

VSCodeのインストールからUnityでデバッグできるようにする

VSCodeをダウンロードする

公式のサイトにアクセスし、VSCodeをダウンロードします

https://code.visualstudio.com/

インストール

・ダウンロードしたdmgイメージをダブルクリックします。

・ダブルクリック後、ウィザードが起動します。

・「次へ」で進めていきます。

・インストールが完了します。

VSCode用のプラグインのインストール

C# for Visual Studio Codeインストールする

C#のコードを書く上で、必要なC#のプラグインをインストールします。

インストール後、C#の構文を元に、コメント部分の色分け、エラーチェック、コード補完を行ってくれるようになります。

Debugger for Unityのインストール

Debugger for Unityをインストールすると、breakポイントなど設定して、ソースコードレベルでデバッグすることが可能になります。

Unity側の設定

UnityにてVSCodeのプラグインをインストールします。

(1)プラグインのダウンロード

以下のサイトにアクセスします。

https://github.com/dotBunny/VSCode/

サイト上にある

・VSCode.csをダウンロード

「VSCode/Plugins/Editor/」以下の「VSCode.cs」をダウンロードします。

・Unityプロジェクトの「Assets/Plugins/Editor/」の下にダウンロードした「VSCode.cs」を置きます。

(2)エディタの設定をVSCodeにする

標準のエディタをMonoDedevlopからVSCodeに変更します。

ソースコードをダブルクリックしたときにVSCodeから開くようになります。

また、コンソール上からもVSCodeを開くこともできるので、大変便利です。

設定方法

Unity -> Preferences -> External Tools でExternal Script Editorで

BrowseからVSCodeのアプリを選択します。

(3)VS codeの設定をします

以下の設定をすることによりVSCodeでデバッグできるようになります。

Unity -> Preferences -> External Tools -> VSCode

(4)最新版のmonoをインストールする

最新版のmonoをインストールすると、Unity側ソースコードの補完をしてくれるようになりますし、

定義にジャンプできるようになります。

最新のmonoのダウンロードサイト

http://www.mono-project.com/download/stable/

これでやっと、Unity2017で開発ができるようになりました。

OSをMac OS High Sierra 10.13.3にアップグレードしたときは、Unity5.3.4が起動し

なくなったりと正直あせりましたが、これで一安心。

やはり、新しい開発環境が出てきたら、すぐに新しい環境に合わせていけということですかね・・・・。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー