千葉県いすみ市にあるhinode(ひので)へGO・東京の雑踏で摩耗していたら

千葉県市川市の市川駅で以下ような親子の会話が聞こえた。

駅は走りまわっている人が多くて危ないよね。

東京は、忙しい人が多いから殺伐としているんだよ。

それが嫌なんだよね・・・

都心部は、仕事はたくさんあるし、生活に必要なものは深夜でも手に入れることができ、遊ぶところもたくさんあり大変便利と言える。しかし、朝の満員電車などで体力を摩耗している人も少なくないのではないでしょうか?

私もその一人で、その疲れを少しでも癒すため、のどかな環境で作業したいと思い千葉県いすみ市にあるコワーキングスペースhinodeに行ってきた。

いすみ市は、東京と違って殺伐としてなくのんびりした街で、急かされることがありません。

また、hinodeの周りは、海、田園エリアで過ごしやすい。Webライティングやプログラミングなどの仕事・作業をする人にとってはオススメの街と言えます。

コワーキングスペースhinodeはどこにあるの?

コワーキングスペースhinodeは、千葉県いすみ市にあります。

いすみ市は、人工38,594人(平成27年国勢調査結果)の街で、農作物が豊かに実る都市です。

千葉県の南東部にあり、東側には太平洋に面していて、夏は海水浴ができます。

夏以外でも波の音が絶えず聞こえ、波の音が疲れを癒やしてくれます。

太平洋に面したビーチは、サーファーをはじめ地元の人にとって人気のスポットになっています。

海の反対側は、田園エリアが広ります。空気も都心と違い澄んでいて気持ちがよい。都心の生活に疲れ、移住する人が年々増えているようです。

hinodeで作業した感想は?

コワーキングスペースの内部は、木造建てのスペースになっており、作業がしやすい環境になっています。

コンクリート造りの外観から想像できないでしょう。

スペースの中

木のぬくもりがある作業スペースはものすごく静かで、喋り声や独り言が聞こえません。

どのくらい静かというと、パンを食べる音ですら部屋中に広がるほどです。

作業スペースの隣には、フリースペースがあり、フリーランス向けのイベントが開催されていたり、hinodeの会員同士が話したりしており、活気に満ちています。会員の人は、東京と違ってオープンな人が多く、話しやすいと言えます。

作業に疲れたときは、情報交換できてリフレッシュできます。会社ではなかなか実現できないことです。

フリーで水が飲めたり、100円でコーヒーを飲むことも可能です。

屋外で作業

屋内での作業が飽きてきたら、気分を変えて外でもPC(ノートPCに限る)作業が可能です。

スペースの目の前は、芝生です。

温かい日は、寝そべったりもできるでしょう。緑を感じながら作業ができるのでリフッシュできます。

さらに、プールもあるのです。冬の時期は、プールに水がないため、プールサイドに座り込んで作業もできます。プールサイドで作業できるなんて、日本中探してもhinodeしかないのではないでしょうか?

屋外での作業は、机に座って作業することを考えると、開放的になり、作業が進みやすくなる。特に、開放的な環境ではアイディア出しが効果があると言えます。

疲れたあとは海に行こう!

hinodeから歩いて5分も絶たずに海岸線に出ることができます。

作業に疲れたあとは、砂浜でぼんやり波の音を聞きながら過ごします。

砂浜のすぐ隣は林になっているので森林浴も楽しみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただし、砂浜でパソコン作業は禁物です。風などで砂がパソコンの中に入ると故障の原因になるからです。

海鮮料理もうまい!

hinodeから歩いて5分位の場所に「晴海」という海鮮料理のお店があります。

定食の最安値は、アジフライ定食の1000円です。

私が食べたのは、カキフライ定食で1200円で楽しむことができました。

非常にうまかった!

のんびりコーヒータイム

かめりあというお店でコーヒーを頂きました。

個人まわりとしたお店で、とても静か(店内音楽は流れています)なのでゆっくり過ごすには良いです。

朝10時から18時まで開店しているとのことです。

結局、どのくらい作業が進んだの?

朝9:30〜17:00までスペースいましたが、作業していた時間は3時間ほどです。

「え!?全く進んでないじゃん!!」と突っ込まれそうですが、

進んだ時間(工数)言えば5時間ほどです。

滞在中の6割の時間は、私の興味本位から街の散策に使っていました(笑)。

散策したところ

・海

・商店街

・海の隣りにある森林

いすみ市、移住者のためにやっている取り組み

最近、いすみ市、hinodeを運営しているPonnuf、クラウドワークスの3者で連携して、移住してきたフリーランス(クラウドワーカー)の生活を安定させるための制度ができました。

その結果、いすみ市が最高5万円までクラウドワークスのシステム利用料(本来は、受け取った報酬の2割がシステム使用料金として取られる)を助成することになるため、クラウドワーカーはより安定して報酬を受け取れることになります。

クラウドワークスとは、仕事を発注したい人と受注したい人を結びつけるクラウドソーシングサービスです。

クラウドワークスで仕事を発注したい人、受注したい人はここをクリック

詳しい内容は以下のとおりです。

「クラウドソーシング手数料助成事業」概要

クラウドワーカーの支援と生活の安定化を図り、いすみ市への若者定着及び地域の活性化を実現するため、

いすみ市に定住し、クラウドソーシングを利用して仕事を受注・報酬を受けた方に対していすみ市が

クラウドワークスのシステム利用料を助成します。

対象者:

クラウドワークスで仕事を受注し、以下いずれにも該当する方

・いすみ市に在住する実証拠点「hinode」会員の方

・いすみ市に在住または転入し、定住する意思のある方(転入した日から3年以上定住する意思のある方)

助成額

・共同居住型賃貸住宅(シェアハウス)に定住の場合

  ⇒年間3万円までクラウドワークスのシステム利用料を助成

・個人が契約する賃貸住宅または所有する住宅に定住の場合

  ⇒年間5万円までクラウドワークスのシステム利用料を助成 

補助対象となる起点月:

 ・2018年10月から(2018年10月1日から支払ったシステム手数料を助成)

  ※転入者は、「hinode」会員となった日の翌月から

対象期間:2018年10月1日から24ケ月

     助成交付は助成対象期間内で2回を限度

千葉県いすみ市、株式会社Ponnufと

クラウドソーシングによる地域活性化に係る連携協定を締結

~いすみ市を「クラウドワークス実証地区」とし、

日本初となるクラウドワーカーの手数料を市が助成~

https://crowdworks.jp/press/?p=7796

まとめ

いかがでしょうか?

hinodeは、周りの環境が東京と違って殺伐としてなくのんびりした街で、自然に恵まれているので仕事(作業)がはかどりやすいと言えます。

もし都心が疲れてしまったら、その疲れを少しでも癒すため、のどかな環境で作業したいと思い千葉県いすみ市にあるコワーキングスペースhinodeに行ってみてはいかがでしょうか?

きっと、癒やされるでしょう!

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー