不具合発生!あたりまえだが、ユーザーのアクセスが多いときはアップデートするな!

アプリ開発での一コマ

なにかしらのイベントをやっていたら、アプリのアップデートは避けるべき。

不具合が起きたとき、ユーザーからのクレームの嵐になります。

何が起きたの?

本日、アプリのアップデート作業(サーバーサイドのPHP更新作業)があった。

アップデート後、動作確認したが、想定どおりの動作をしたので問題ないかのように見えた。

しかし、その20分後、ユーザーからこのようなメールが来た。

「イベント中に使った課金アイテムはどうしてくれるんだ!補填しなかったら消費者庁に通報するぞ」

再び、動作確認してみたら、アプリが起動しなくなっていたのだ。

原因は、アップデータしたプログラムに不具合があったのだ。

開発環境では発見できなかったのだ。

しかもイベントの終了間際で、ユーザーのアクセスが多くなっていた。

すぐにアップデートしたものをやめて元に戻した。

すると、アプリの起動ができない問題は解消された

しかし、ユーザーからは、ひっきりなしに「補填しろ」というメールが来る羽目に。

その結果、不具合調査、補填、ユーザー対応など本日やらなくてもよい作業が発生してしまったのだ。

教訓

・イベント中はアップデートを避ける。

・アップデート直後に正常に動いたと思ってもしばらくは監視が必要。

まとめ

アップデートするときは、ユーザー今何をしているのか、把握してから対処しましょう。

また、本当にアップデートしてよいかプランナーなどに確認してから対処するべきだった。

そんなことを学ぶのであった。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー