2019年発売のiPad Air3でkaggleで機械学習プログラミングができた!

kaggleは、Webブラウザーでプログラムを動かすことができるので、iPadでも動かすことができるのでは?

そんな疑問を持った方は意外に多いのではないでしょうか?

一部の情報には、iPadではkaggleが正しくうごかないとあるので試してみました。

少なくとも2019年発売のiPad Air3ならば、kaggleでpythonプログラムを問題なく動かすことができました。




iPadを使ってkaggleを検証してみる

iPadを手に入れたのでkaggleでpython使った機械学習プログラミングを試してみました。

その結果、以下のようになりました。

コピー&ペーストがちゃんと使えた!

ソースコードのコピーもできることを確認しました。

さらに、コピーした内容をペーストできることも確認取れました。

これで、コピーのためだけに入力する手間はなくなります。

Editもできる

一部の情報によると、kaggle内のkernelのEditができないとのことでした。

しかし、iPad Air3だと、Editができました。iPadによっては、Editできるものとできないものが存在するようです。

実行できることを確認した

再生ボタンのようなボタンを押したら実行できるのか?

試したところ、実行できてその結果もブラウザー上で表示されることを確認取れました。

iPadを使ってkaggleでプログラミングは、実現できました。

iPadを持ち歩いて、機械学習に興味がある人はkaggleを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー