ADHD・ストラテラ飲み始めて2週間後の仕事における効能と副作用

ストラテラを飲み始めてから2週間が経過した。

毎日、40mgのストラテラを1〜2錠飲んでいる。

ストラテラやコンサータを飲み始めると、ADHDの特技であるアイディアが出なくなるという副作用がでるというが、いまのところ無いようだ。

このブログでは、ストラテラ飲み始めて2週間後の効能と副作用について述べようと思います。

飲み始める前の状況

・仕事においてミス、間違えが発生して出戻る

・チーム業務だと、意思疎通に苦労して特に力が発揮できない(認識のズレが多い)

・優先度が高いタスクがあっても差し込みが入ると、条件反射で差し込みをやってしまう。

・優先順位がつけられない

・少しでも雑音があると集中できない

・手順書があっても、そのとおりできないことも多々ある。

・指示通りに仕事できない(指示を忘れる)

 3つ以上指示があると、その前に言われたことを忘れてしまう。

ストラテラ飲み始めて2週間後

・差し込みがあっても条件反射で差し込みをやらなくなった。

 今何をやっているのかわかるように、付箋を張り逸脱しないようにした。

・多少の雑音にめげない

・仕事相手に対して確認を多くした

 ただし、確認が多くなり怒られることもある・・・(気にしない、出戻りが減ったから良いのだ)

まとめると思いついたらすぐに行動するという癖が制限された。

これによって、一回立ち止まって、「本当にこのまま進んで良いの?」と考えて行動できるようになった。

変わっていないこと

・コミュニケーションの取り方(ASD側なので改善する薬はない)

・優先順位をつける(相変わらず、複数の事案があるとパニックになる)

まだ、優先度をつけるのに四苦八苦している。

プライベートだとつけることはできても、仕事のように複数のこと(納期、関係者との利害関係など)が絡むと優先度をつけづらくなる。

2週間のうちに出た副作用

ストラテラには、副作用もいくつかある。

私の場合は、以下のような副作用が出ました。

・便秘

必ず出るわけでないが、便秘になることがある。

・軽い吐き気(実際にはき出しては居ない)

2時間から4時間くらい続く。ただし、飲む期間が継続していくと、症状の程度は少なくなる。

飲み始めが、一番きつかった。

・睡眠障害

寝る前に飲んでしまうと、3時間ほどは眠れなくなる。

寝る前の飲まないことにしている。

仕事始まる1時間前に飲んでおくとスッキリした感じになる。よって、カフェインの強化版にしている。

とりあえず、良い効果があることは間違えないので、ストラテラは続けていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー