Unityで書き出したIOSアプリでBluetoothキーボードが使えるか?ためしてみた

Unityで書き出したIOSアプリでBluetoothキーボードが使えるか?

結論からいうと、Unityから書き出したiPhoneアプリでもBluetooth接続のキーボードが使えます。

ソフトウェアキーボードがBluetoothキーボードに置き換わったと思えばイメージしやすいかと思います。

ただ、2点ほど困った事がありました。




検証方法

実際に以下の方法で検証してみました。

検証環境:

・Unity 2017.3.1f1(IOSでビルド)

・iPhone7(ios12)

・BluetoothキーボードはPomera DM200

今回は、Bluetoothキーボードに「Pomera DM200」を使いました。

「Pomera D200」は、テキスト入力に特化した電子文房具です。PomeraにはWebブラウザーやメールの機能がないため、文章を書くことに集中できます。

と・・・本題と話がそれました。

困った点が2つほどありました。

困りごと

現在の入力モードがわからない

Bluetoothキーボードと接続できると、ソフトウェアキーボードは隠れます。

キーボードが隠れて全画面表示されるのは、情報量が増えるので嬉しいことです。

その結果、Bluetoothキーボードが使えるようになると、いま「半角」「ひらがな」「カタカナ」のどの入力モードなのかわかりません。その結果、実際に入力してみないとわかりません。

半角文字入力だと思っていたらローマ字入力だったなんてよくあります。

よって、実際に入力してみてどの入力モードが判断する必要があります

英文字で入力する際、1文字目が大文字になってしまうことがある

英語の小文字を入力する際、1文字目が大文字になってしまうことがあります。

IOSのキーボードは、英文字を入力する際、1文字目を大文字にする機能があるため、その機能が効いていると思われます。1文字目を大文字にしたい場合は、問題はないですが、小文字から入力するときが困ります。

キーボード入力はどのようにして行うの?

キーボード入力する際は、ソフトウェアキーボードを使うときと同じように以下の関数を呼び出します。

keyboard = TouchScreenKeyboard.Open(“”, TouchScreenKeyboardType.Default,false);

keyboard.textで入力された文字列を取得できます。

Bluetoothキーボードと接続されていないときは、ソフトウェアキーボードが表示されます。

Bluetoothキーボードと接続されると、ソフトウェアキーボードが隠れ、Bluetoothキーボードから入力が行われるようになります。

まとめ

Bluetoothキーボードで文字を入力するアプリを開発することは可能です。

しかし、今回の記事に挙げたような課題があるため、課題を回避させる手段が必要になります。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー