画像あり! Unityアプリ開発においてIOS,Androidのキーボードの呼び出し例

UnityにおいてIOS、Androidでソフトキーボードを使いたいとき、TouchScreenKeyboard.Open関数を呼び出します。

呼び出す際、TouchScreenKeyboardTypeを指定するとキーボードのタイプを選ぶことができますが、実際に呼び出してみないとキーボードの形状が判断できないと思います。

そこで、メモとしてTouchScreenKeyboardTypeごとにTouchScreenKeyboard.Openの挙動を記載します。




TouchScreenKeyboardTypeごとの挙動

■TouchScreenKeyboardType.Default

プラットフォームデフォルトのキーボード

■TouchScreenKeyboardType.ASCIICapable

スタンダードなASCIIキーボード

■TouchScreenKeyboardType.NumbersAndPunctuation

数字と句読点があるキーボード

■TouchScreenKeyboardType.URL

URLを書くのに特化したキーボード

■TouchScreenKeyboardType.PhonePad

番号を入力するのに特化したキーボード

■TouchScreenKeyboardType.NamePhonePad

英数字用のキーボード

■TouchScreenKeyboardType.EmailAddress

メール用のキーボード

■TouchScreenKeyboardType.Social

「@ 」マークを入力しやすいキーボード

■TouchScreenKeyboardType.Search

キーボードにスペースキーの横に”。”があるキー。検索語の入力に適しています。

ソフトキーボードのプレビューを非表示にする方法

タイピングアプリなど、ソフトキーボードのプレビューが必要ないときがあります。

ソフトキーボードのプレビューを非表示にするには、以下のようなコードを書きます。

TouchScreenKeyboard.hideInput = true;

ソフトキーボードで入力したテキストを取得する

ソフトキーボードで入力したテキストは以下のようにして取得します。

1.TouchScreenKeyboardでキーボードを開く

keyboard = TouchScreenKeyboard.Open(“”, TouchScreenKeyboardType.Default);

2.テキストを取得する

keyboard.text;

■参考サイト

Unity スクリプトリファレンス

https://docs.unity3d.com/ja/2017.4/ScriptReference/TouchScreenKeyboard.Open.html

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー