オフ会の幹事の心得とは、まずは自分が楽しむことから

幹事の心得は、自分自身が楽しむことである。

自分自身が楽しんでいないのに、参加している人は楽しいと思えるのか?




お疲れ気味の幹事さん

最近、オフ会の幹事さんをみているとこんな人を見かける。

自分自信が楽しめてない幹事

私は、お好み焼き食べ放題のオフ会に参加した。

幹事さんは、お好み焼きをほとんど飯食べずに、参加者に挨拶回りのみしていた。

参加者を楽しませることだけに集中しすぎて、気を遣いすぎている。

その結果、自分自身(幹事)が楽しめていないように見えた。せっかくのオフ会なのに疲れた表情をしているのだ。

幹事さん楽しめているのかな?と心配したほどだ。

毎回お土産を用意する幹事さん

あるカフェ会に参加した。そこの幹事さんは、いつも参加者のために(1000円は超える)お菓子などのプレゼントを用意しているのだ。

参加者を大事にするという意味では嬉しいことである。しかし、金銭的にかかったりして無理していないか?

富裕層に属するのであれば良いのだが、見た感じそのようには見えなかった。

幹事さん無理していない?と気になってしまうものである。

幹事の心得は

幹事の心得ってなんだろう?

「参加者を楽しませること」という声が多いと思う。

しかし、私なりの答えは、「自分自身が楽しむこと」である。

自分自信が楽しくないのに、オフ会自体が楽しい雰囲気になるのか?

参加したいと思うのか?

そんなことを思ったのである。

私が幹事やるときは、意識的に周りを楽しませようとしない。

まずは、自分が楽しむことにしている。

飲み会の席では、席をまわったりしなかったからか、参加者に「幹事に向いてないですね」と言われたりした。

段取りも良いとは言えなかった。

考えることが苦手だから、行き当たりばったりでお店を決めたり、みんながあつまってからお店を決めるなんてこともよくあった。だから「段取り悪いですね」とよく言われたものです。

非モテのオフ会の幹事なんて、段取りの悪さで有名だった。

幹事に「クレーム」を言うと「ドンマイ」の一言で終わらせる。

そのおかげで、それ以上突っ込む気を失う。

みんなが楽しそうにしているならば、それでいいじゃん。

そんな考えだったのだ。

どうやって自分自身が楽しむの?

特に意識はしていなかった。気づいたら楽しんでいた。

無理やりあげると以下の通りだ。

・待ち合わせ場所でどんな人が来るのか楽しみにする。

・参加者と会話を楽しむ。

・料理を楽しむ。

・参加者から来る「お疲れ様でした!楽しかったです」というメールに反応する

オフ会はきっかけ作り

私がやっていたことは、単なるキッカケづくりだったと思う。

幹事が動かなくても、参加者同士がいつの間にか意気投合しているものだ。

幹事(自分自身)は、楽しんでいれば良い。段取りとか気にしなくて良い。

参加者同士がいつの間にか、繋がっていけばそれでよい。

まとめ

幹事の基本は、まずは自分自身が楽しみましょう!という主張でした

「段取りがうまくできない」とか関係ないです。

幹事、少しでもやってみたいと思ったら挑戦してみるといい。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー