Android StudioにてGitバージョン管理!別環境でGit Clone後にbuildできないを防ぐ

Gitを使ってAndroid Studioで作成したプロジェクトをバージョン管理をしたい。

しかし、別環境(別PC)でGit Clone後にbuildできないことが多々あるかと思います。

私も作成したものを別のPCでGit Cloneしたら、buildができないという問題でハマりました。原因は、一部のファイルがなかったためでした。

この記事では、Git Clone後にbuildできないという問題が発生しないように、

Android Studioで作成したプロジェクトのGit管理方法について解説します。




バージョン管理手順

新規にプロジェクトを作成する

・任意にAndroid Studioでプロジェクトを新規に作成します。

GitのリポジトリをAndroid Studioから作成する

・メニューから、VCS→Import into Version Control → Create Git Repositoryを選択します。

・リポジトリを作成したいフォルダを選択します。

・この結果、gitリポジトリが作成されます。

AddしてGit管理下に置く

・メニューから、VCS→Git→Addを選択します。

その結果、Android Studioが勝手に管理に置くべきファイルを勝手に判断してステージングエリアに追加してくれます。

自動的に作られるbuildなど、管理の必要がないファイルはステージングエリアに追加されないため、

自分で必要なファイルの仕分けが無い所が良いです。

「.gitignore」が自動的に作られるのがわかります。

・さらに4つのファイルを管理下に置く

この状態でcommit後に、pushしてもよいですが、これだと別PCでCloneしたときに

プロジェクトが開けないため以下のファイルもadd,commitしてgitの管理下に置きます。

ここは、私もハマったところです。

管理下に置くファイル:

settings.gradle

build.gradle

androidtest.iml

gradle.properties

・Pushする

これまでの操作が終わったら、pushしてリモート側に反映させます。

別PCでCloneしてみる

別PCを用意して実際にプロジェクトを再現できるか試します。

Git Cloneしたら、プロジェクトをAndroid Studioから開きます。

開き方は、以下の図を参考に開きます。

上の画像の通り開こうとすると、「Gradle Sync」ダイアログが出てくるので

「OK」ボタンを押してプロジェクトを開きます。

正しくプロジェクトが開いたら完了です。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー