500円で作りたてホヤホヤのサッポロ黒ラベルビールが飲める!サッポロビール千葉工場に行ってきた

千葉県のJR津田沼駅からバスで30分移動したところに、サッポロビール千葉工場があります。

ワンコン(500円)で工場見学できる黒ラベルツアー参加できます。

ツアーのクライマックスは、なんと!できたてホヤホヤのサッポロ黒ラベルビールを2杯まで飲むことができます。一杯380ミリリットルあるので、飲み屋で飲むよりも圧倒的に安く飲むことができます。しかも、とても新鮮なビールです♪

ツアーと聞くと、友達や恋人同士でないと参加できないイメージがありますが、一人でも寂しくなく(笑)、十分に楽しめます。

行き方

サッポロビール工場への行き方を書きます。

千葉県にあるJR津田沼駅を降りてビール工場行きのシャトルバスに乗ります。

バスは1時間に1本のペースで工場と駅の間を往復しています。

朝10時から1時間間隔で無料のシャトルバスが運行しています。乗り遅れると1時間待たされるので、乗り遅れにはお気をつけください。17:00からは、30分間隔で運行しています。

バスの時刻表は以下の通りです

http://www.sapporobeer.jp/brewery/chiba/access/chiba_jikoku.html

工場に着いたら

工場に着いたらミュージアムに移動します。

ドアを入ったところに受付のおねーさんが居るので、工場見学ツアーに参加したい旨を伝え、500円を払います。

ツアーの参加には、事前予約が必要です。空いていれば予約なしでも参加できるようですが、予約した方が確実でしょう。ちなみに私の場合は、予約が必要であることを知らず、いきなり行きましたが、受付のおねーさんが参加を快諾してくれました。

ツアーといえば、2人以上でないと参加しずらいイメージがあるが、1人でも黒ラベルツアーに参加できるから安心だ。私も一人で参加したが、「誰もいなくて寂しい(泣)」という気持ちには全くならなかったです。

ツアーガイドの、説明を聞いていれば周りを気にすることがない。

ツアーの最後においしいビールの試食があるが、1人でも楽しめて飲めます。

ツアー開始

ツアーが開始すると、実際にビールを製造している工場内に入ることができる。

麦芽の香りが心地よい。

ツアーガイドさんが、丁寧に原料の説明、製造工程を説明してくれます。

仕込みに使う釜の大きさには、びっくり。

釜一つで1千万本の500ミリの缶ビールができるとのことです。

外には、巨大なビールタンクが60コもあるとのこと。

この工場から日本中にビールが出荷されるとはすごいな。

ビールの試食

ツアーのクライマックスは、できたてホヤホヤのサッポロ黒ラベルビールの試飲だ!

ビールは、2杯まで飲むことができます。一杯あたり380ミリリットルあるので、飲みごたえ十分です。試飲なので、ツアーの代金に含まれます。

つまり、500円でとても新鮮なビールを2杯も飲めてしまうのです!

500円で2杯といえば、飲み屋で飲むよりも圧倒的に安いですし、味も、本家のビールにかなうものはないです。これってお得ですよね!

ビールを飲んだ感想を言うと、ピリッとした刺激があり、薄い苦みが美味しかった。

私は、みんなが友達同士で楽しんでいるところを、ただひたすらビールを飲んで、写真の納めたりして過ごした。

帰るときに、記念品としてビールグラスとノンアルコールビールを頂きました。

家でビールを飲むときは、ビールグラスを使って飲んでみよう。

おいしいビールの飲み方を

試飲のときにおいしいビールの飲み方を教えて頂いた。

おいしく飲むには、ビールグラスを用意し、正しいビールの注ぎ方をするとのことだ。

1回目の注ぎ:

コップから7センチほど高い位置からビールを注ぎ、泡がグラスの6割のところにきたら注ぐのをやめます。

2回目の注ぎ:

上側の泡が落ち着いたら、ゆっくり注ぎます。もう一度、泡が落ち着くまで待ちます。

3回目の注ぎ:

ゆっくりビールを注ぎ、泡を盛り上げるようにして完成です。

泡3割、ビールの液体7割になるとベストです!

泡が液体のうまみを閉じ込めてくれるので、飲むときにうまみが解放されるます。

注ぎ方で味が変わるなんておどろきです。

ビール園

工場の隣には、ビール園というレストランがあります。

レストランには、大人3,889円で90分間ラム肉の食べ放題があります。

単品でも680円からラム肉を食べることができる。そのほかに、黒ラベル小グラス580円、牛サーロインステーキ1,100円になります。

工場見学あとは、お腹が減るかもしれません。そんなときは、ビール園で腹ごしらえはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしょうか?

本物のビールを飲んでみたくなったら、サッポロビール工場に行くことをおすすめします。そこで飲むビールは、格別です!

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー