千葉県市川市にある里見公園ならば一人でも花見を楽しめます♪

関東にも開花宣言がでました。

千葉県市川市、江戸川の側に里見公園という一人で花見をするのにおすすめの場所があります。

里見公園は、普段は、噴水と何種類かの遊具があり、たくさんの子供達が遊んでいる公園です。春になると、園内にたくさん植えられた桜が一気に開花します。

公園内に植えられているサクラは以下の通りです。

・ソメイヨシノ 約200本

・サトザクラ 約14本

・カワヅザクラ 5本

・オオシマザクラ 1本

・ヤマザクラ 5本

実は、お花見で有名な千鳥ヶ淵公園(170本)よりも桜の本数が多いのです!

東京都内にある、日比谷公園、千鳥ヶ淵公園、靖国神社、新宿御苑に比べると知名度はないですが、知名度がない分、比較的人が少ないので、人混みにイライラすることせずに桜を楽しむことができます。

里見公園のおすすめのスポットはどこ?

一人で花見を楽しむのであれば、滝から水が流れている石のベンチがあるところがオススメです。ベンチから桜を楽しむことができるので、一人でのんびり過ごせます。

時間帯は、人がまだ少ない朝9時頃が良いでしょう。ただし、日陰のため、肌寒く感じますので、コートなどの防寒対策は必須です。また、花粉が猛威を振るっているので、花粉対策も必要になります。

一人でどんな過ごし方があるのか?

あくまで主観ですが、一人ではこんな楽しみ方ができます。

カメラを持って桜の写真を撮る

定番の楽しみ方になりますが、カメラを持って桜の写真撮影です。

桜が咲いている今の時期しかチャンスが無い。一人ならばじっくり撮影できますね。

滝が流れているところで作業

滝の音を聞きながら、作業すると意外にはかどります。

私の場合は、滝のそばにあるベンチでブログの記事の下書きをやっていたのだが、意外に集中できました。

ブログの下書きは、ポメラを使いました。

ポメラとは、テキスト文字を打つことに特化した電子文房具です。小説、記事など執筆する人達に愛用されています。

なぜポメラで下書きするかというと、パソコンのようにWEBブラウザーの機能がないため、文字を打つことに集中することができるためです。テキスト文章を打つことに特化しているため、どこにいても文字を打ちやすいです。

ベンチに座って膝の上にポメラを置いても文字が打ちやすいので、ブログなどの記事の下書き書くときにおすすめです。

読書

滝の水が流れる音を聞きながらだと集中して読書できますね。

一方でオススメしない作業とは

自然の中でおすすめできない作業は、パソコン作業(スマホ作業含む)です。

理由は、目がつかれるからです。あまり、自然の有り難みを感じることができません。

どうしてもパソコン作業をしたい場合は、ブルーライトをカットするメガネを使うと思います。

その他

公園内は、木に囲まれていて、ちょっとしたハイキングも楽しめるため、

散歩コースとしてもおすすめです。

まとめ

いかがですか?

里見公園ならば人が比較的少ないので、落ち着いて花見を楽しめます。

人混みが嫌だと感じたら、里見公園に行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー