趣味のオフ会の人脈(友達)作りは、1年で168時間、約30万円の浪費になりやすい

オフ会は、意外に浪費になりやすい

趣味のオフ会の人脈(友達)作りは、実は時間とお金の浪費になることがほとんどです

時間とお金で換算すると、1年で168時間、約30万円の浪費になります。

えっつ何言ってんの?

同じ趣味の持ち主ならば、共通の話題があってすぐに打ち解けるはずでしょ?

たしかに、その通りだと思います。趣味のオフ会で知り合った人同士で結婚する人もいるので、浪費にならないケースもあります。

私も、オフ会で知り合った人はすぐに仲間になれて、ずっとその関係が続く者だと思っていました。

しかし、現実は違っていたのです。

この記事では、どのように違っていたのか、エピソードを交えて述べます。




エピソード

筆者の日常

私の仕事は、コンピュータ関連(PG)のお仕事をしている。いつも家に着くのが22時を超えていた。

だから、自分の時間を持つことが難しかった。

日頃のストレスを解消したいと思っていた。

趣味のオフ会の告知を見つけた

SNSのコミュニティにアニメ好きが集まるオフ会の書き込みがあった。

オフ会の内容は、深夜から朝まで、BARを貸し切って、同じ趣味の人と交流したり、カラオケしたりするものだ。面白そうだったので参加してみることにした。

オフ会当日

オフ会当日、東京某所のBARに集まった。

まず幹事に角度15度の挨拶をして、周りにいる参加者にも角度30度の「よろしくおねがいします」と挨拶をする。

私が到着した頃は、私、幹事含めて6人位しか居なかったが、オフ会が始まる直前には3倍ほどの人数が集まってきた。

オフ会が始まると、コップ1杯のお酒が配られ、私の近くにいる人達と挨拶代わりに乾杯をする。

乾杯の後は、隣にいた人、とりとめのない話をしながらお酒を飲んだり、美味しいものを食べた。趣味の話ができて気分は良い。

日頃のストレス解消になったし、非常に楽しかった。オフ会が終わる直前にSNSの連絡先を交換する。

オフ会が終わる

オフ会が終わるのは朝の5時頃。

朝6時、気分良く家に帰って死んだように寝る。

午前中は、ずっと寝ているため時間の浪費。

午後になってやっと起きる・・・。

アニメ好きが集まるオフ会には、4回位参加した。

どれもオフ会のときは、楽しく過ごせたと思う。

3年後

それから、3年の月日が過ぎた。

3年の間に、住む場所が変わったり、仕事場所が変わった。さらに仕事がより忙しくなるどして環境が大きく変わった。

オフ会で知り合った人と、今でも連絡と取り合っているかというと皆無である。

つまり、数日だけの一日限りの人脈になっていたのだ。「人脈」とは言わず「知り合い」が正しい。

オフ会に初めて参加してから、15年位経つが、そこで知り合った人と

その場限りで終了することのほうが圧倒的に多かった。

オフ会で知り合った人と5年以上、関係が続いた人は、500人と知り合って2,3人程度であった。

それでも1人の人と長くつきあうことができれば、良いものだが、長い目で見れば、「時間とお金の浪費」であると私は考えた。

オフ会でどのくらい浪費するものか

オフ会に参加するには、必ずと言って良いほど参加費がかかる。

飲み会系だと1次会で2時間4000円、2次会参加で2時間3000円程度になる。

一度のオフ会参加で4時間使い、さらに7000円程かかる。

一週間に1回の割合で42週(1年間とする)参加していたら、1年で168時間、294,000円浪費したことになる。

この額は意外に高い。

ニュージーランドに一週間ほど行ける値段であることがわかる。

時間の投資になるオフ会は?

では、「時間の投資」になるオフ会とはどんなものか?

個人的には、スキルを身に付けられるものだと思う。

定番と言えば、英会話の勉強会である。参加費とカフェ代込みでも1000円以内で参加できるのでお金の浪費も抑えることができる。

勉強会も一度限りの知り合いで終わり人脈を作るのが難しいが、勉強した知識は残ります。もちろん知識を残す努力は必要です。

また、自分1人で勉強するよりもモチベーションがアップします。

まとめ

いかがですか?

趣味のオフ会の人脈(友達)作りは、意外に人脈を作るのが難しかったりします。

もし人脈を作るのが難しい!

知り合っても関係が続かない!

そのように嘆いていたら、一度、「本当に私に必要なの?」と一度自分自身で考えても良いかもしれません。

PR:もしも男女の出会いを見つけたいならオフ会よりも「まじめな出逢い【スマリッジ】」

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー