SoftBank Air・本当にどこでも使えるの?住所変更で検証してみました

■この記事を読むとわかること

・SoftBank Airは、引越後の住所でも使えるのかわかる

・SoftBank Airは、本当に電源指すだけで通信できるのかわかる

・何故、電話回線など必要ないのかわかる

SoftBank Airは、コンセントを電源に指せばどこでも使えると評判です。

そんな話を聞くと、電話回線がないと使えないのでは?と思うかもしれません。

本当に電話回線など必要ないのか、実際に引越したときに試してみたのでレポートします。




Softbank Airは、コンセントのみで使用できる!

Softbank Airが自宅に届くと、本当にターミナルをACアダプターにつなぐだけ通信が可能です。

これだけで、SNS見たり、動画みたりできます。

引越し先の住所で本当にネットができるか

本題です。

引越し先の別住所でもインターネットができるのか検証しました。

手順としては

①引越前の家にあるSoftbank Airを持ち出す

②引越後の家に運ぶ(手荷物程度)

③引越後の家のコンセントにSoftbank Airを差し込みます。

その結果、本当にコンセント指すだけで本当にインターネットができました。

これならば、住所変更の度に通信会社の解約、変更手続きをする手間が省けます。

ただし、旅行先などに持って行って使うのは規約違反になってしまうので注意が必要です。

引越してSoftbank Airを使う場合は、住所変更を必ずしてください。

これならば、ネットのためだけに電話回線を引いたりする必要もありません。

引越後の家でも手間無くネットができるのSoftBank Air正規販売代理店のネットモバイル

使える地域は

引っ越し先でも使えることは分かりました。

しかし、Airは電波を使っている関係で、日本中全てが圏内という訳ではありません。

使える地域は、以下のサイトを参考に確認してください。

https://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/?pref=01

まとめ

いかがですか?

Softbank Airは、圏内であればどこでも使うことができます。

Softbank Airは、ほかの通信機器のように、通信量がある一定の数値になっても、速度制限がかからないので、通信量を気にせずに使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー