注目キーワード

clusterのCCKでリアル時間から朝昼の判定方法を解説【Unity】

  • 2023年7月13日
  • 2023年7月13日
  • cluster
  • 87回
  • 0件
 
疑問あり
入室した時間によって、背景を朝用、夜用と切り替えたいな。なにか良い方法はあるの?

そのような疑問にお答えします。

最近、clusterにて「滝行のすすめ」というワールドを作りました。
今回、時間によって朝、夜の切り替えで手こずったのでドキュメントにしました。

 

朝、夜の判定は、JavaScripが楽

朝、夜の判定には、JavaScripを使って時間を取得して対応しました。
なぜなら時間の取得が、以下の2行ほどのコードでかけるからです。

var dt = new Date(); 
var g = dt.toUTCString(); 
$.log(g); 
//var hour = dt.getHours(); 
//UTC時間を取り出す 
var hour = dt.getUTCHours();

今回、時間を判定して、以下のような処理をしています。
・昼だったら:
 昼用の背景ON
 夜用の背景OFF
・夜だったら:
 昼用の背景OFF
 夜用の背景ON

全体的なコードを乗せると以下のようになります。

//ファイル「InitDayTime.js」
//このスクリプトは、入出時の時間判定をする
//時間判定とは、朝、昼、夜とする

//昼JST 4:00~18:00 UTC 19:00~9:00
//夜JST 18:00~4:00 UTC 9:00~19:00

//https://docs.cluster.mu/script/classes/Vector3.html#applyQuaternion


//ログ出力
$.log("InitDayTime読み込みした");

$.onUpdate(deltaTime => {

  //初期化
  if (!$.state.initialized) {
    $.state.initialized = true;
    $.state.ctime = 0; //経過時間
    $.state.dayTimeINit = false;
    $.log("InitDayTime初期化完了");
    
  }
  //時間追加
  $.state.ctime += deltaTime;

  //日付判定を1秒ほど待ってから行う(initの中で判定すると、受信先のオブジェクトができてないからかエラーになることがある)
  if($.state.ctime > 1 && $.state.dayTimeINit == false){
    var dt = new Date();
    var g = dt.toUTCString();
    $.log(g);

    //UTC時間を取り出す
    //var hour = dt.getHours();
    var hour = dt.getUTCHours();
    
    $.log(hour);
    
    //昼判定をする
    if(hour >=19 || hour < 9){
      //昼と判定
      $.log("InitDayTime 昼判定");
      $.sendSignalCompat("this", "noon");
    }
    else{
      //夜と判定
      $.log("InitDayTime 夜判定");
      $.sendSignalCompat("this", "night");
    }

    $.state.dayTimeINit = true;
  }
});


参考にUnityプロジェクトのようすも記載します。

実装ポイント1:時間はUTC時間を利用する

時間はUTC時間を使っています。。
その理由は、サーバーの時計が、JST(日本時間)の確証がないからです。
UTCならば、どのサーバーでも関数一つで共通でとれるので(多分)、利用しています。

実装ポイント2:onUpdate関数のinitializedのところでは、昼夜判定をしない

onUpdate関数のinitializedのところでは、時間判定をしていません。
その理由は、initializedのところは、他のゲームオブジェクトも参照していて、(参照先のゲームオブジェクトが)初期化されていない可能性があるからです。その結果、エラー(エラー文メモるの忘れました・・・)が出て正しく処理されません。

以上の実装ポイントを加味した上で、実装したら正しく朝、夜判定されました!

まとめ

今回は、入室した時間によって、朝、夜用の背景をセットする方法を解説しました。
JavaScripを使うと、いままで面倒だった処理も簡単にかけることがあるので、この機会にぜひ使ってみると良いでしょう!